食で変わるココロとカラダ。マクロビオティックはじめませんか?

オーサワジャパン

食で変わるココロとカラダ。マクロビオティックはじめませんか?

商品情報

商品検索

マクロビオティックレシピ

高野豆腐の葛あんかけ

材料

(作りやすい量)

・高野豆腐 4枚
・オーサワの有機本葛 大さじ1
・米油 大さじ3〜4
<あん>
(A)

・水 400ml 
・オーサワの白だし 大さじ2
・人参 50g 千切り
・なめたけ 1袋(約80g)
・しめじ 50g 小房に分ける


(B)
・オーサワの杉桶仕込み有機醤油 大さじ1
・みりん・酒 各大さじ1
・てんさい糖 小さじ1

 

(水溶き葛粉)
・オーサワの有機本葛 小さじ1
・水 大さじ2

つくりかた

1.表記に従って戻した高野豆腐を、水の中で白く濁るまで揉むようにして押し、水気を絞り4等分に切る。
2.ビニール袋に1と葛粉を入れて、底のほうからぽんぽんと叩きながら全体的に葛粉がいきわたるようにする。
3.フライパンに米油を広げ入れ、2の高野豆腐を並べ入れ、弱めの中火にかける。フライパンに面している側がカリッと焼けたら、ひっくり返す。
※180℃の揚げ油適量で揚げるほうがおすすめ

4.<あん>Aを鍋に入れて、具材が柔らかくなるまで煮て、Bを加える。
5.両面揚げ焼きした3を4に加え、味見をして塩(分量外)で味を調える。
6.弱火にして、水溶き葛粉をよく溶かして5に加えて、一煮立ちして全体に透明感とつやが出れば出来上がり。

コメント・ポイント

「他の揚げ物があるときは、180℃の揚げ油で高野豆腐をカリッと揚げるほうが良いのですが、ちょっと勿体無いので、昨夜は揚げ焼きで。本葛粉ならではの上品な滑らかな舌触りの"あん"。」

NORI(@no.ri1703)(オーサワジャパンアンバサダー