オーサワジャパン

商品情報

商品検索

マクロビオティックレシピ

浸水時間なしで、もっちもち

玄米ご飯(圧力鍋炊き)

Brown rice using high pressure pot

材料

(炊きやすい量・3カップ分)

・玄米 3カップ
・水 3.6〜4.2カップ(玄米の1.2〜1.4倍)
・塩 小さじ1/3

つくりかた

1.玄米はたっぷりの水を注ぎ、さっとかき混ぜてすぐに水をきる。

2.再度、水をたっぷりと注ぎ、手で玄米をこすり合わせるように洗う(拝み洗い)

3.2を水が濁らなくなるまで繰り返す。

4.玄米をざるに入れ、水をためたボウルの中でふり洗いをする。
*ひらがなの「い」の字を書くようにざるをゆすり、90度まわしてもう一度「い」の字にゆする。

5.水からあげて、水をよくきる。

6.玄米を分量の水、塩と共に鍋に入れ、蛍火(ごく弱火)に30〜40分かける。

7.火を強め、蒸気が強く出てきたら1〜2分そのままにし、すぐに火を弱めて蛍火にし、圧がかかった状態を保ちながら30分以上炊く。
*ガスマットを敷くと焦げにくい。

8.一呼吸強火にして火からおろし、圧を抜いて、ごはんの上下を返すようにして混ぜ(天地返し)、10分ほど蒸らす。
*ごはんに十文字を入れて、1/4ずつ返すとラクにできる。

コメント・ポイント

古かったり、産直市場で手に入れた玄米は、虫食いがあったりや籾がついていたりすることがあります。その場合は、選り分けましょう(籾よりといいます。籾は爪でかんたんに剥くことができます)。作り方1〜4までは、手早く行いましょう。お手持ちの圧力鍋でお試しを。圧が弱い圧力鍋でしたら、炊く時間を長めにしてみてください。おいしいと感じる炊き時間や水加減をみつけてくださいね。

 

オーサワの玄米はこちら

クッキングスクール リマ