食で変わるココロとカラダ。マクロビオティックはじめませんか?

オーサワジャパン

食で変わるココロとカラダ。マクロビオティックはじめませんか?

商品情報

商品検索

マクロビオティックレシピ

浸水時間なしで、ふわっとやわらか

玄米ご飯(土鍋炊き)

Brown rice using clay pot

材料

(作りやすい量:2カップ分)


・玄米 2カップ
・水 3カップ〜3.5カップ弱
・塩 小さじ1/5

つくりかた

1.玄米はたっぷりの水を注ぎ、さっとかき混ぜてすぐに水をきる。

 

2.再度、水をたっぷりと注ぎ、手で玄米をこすり合わせるように洗う。(拝み洗い)

 

3.2を水が濁らなくなるまで繰り返す。

 

4.玄米をざるにあけ、水をためたボウルの中でふり洗いをする。
*ひらがなの「い」の字を書くようにざるをゆすり、90度まわしてもう一度「い」の字にゆする。

 

5.水からあげて、水をよくきる。

 

6.玄米を分量の水、塩と共に鍋に入れ、蛍火(ごく弱火)に30〜40分かける。

 

7.火を強め、蒸気が上がったら1〜2分そのままにし、火を弱め、あれば蒸気がでる穴に木栓をして、蛍火で60分〜炊く。
*木栓をすると、鍋の中に圧が加わり、よりやわらかく炊けます。木栓がない場合は、太めの箸を差してもOK。
*ガスマットを敷くと焦げにくい。

 

8.火からおろし、ごはんの上下を返すようにして(天地返し)、10分蒸らす。
*ごはんに十文字を入れて、1/4ずつ返すとラクにできる。

コメント・ポイント

古かったり、産直市場で手に入れた玄米は、虫食いがあったりや籾がついていたりすることがあります。その場合は、選り分けましょう(籾よりといいます。籾は爪でかんたんに剥くことができます)。作り方1〜4までは、手早く行いましょう。
作り方7の炊く時間は、1時間〜4時間の内で調整を(長い時間炊く場合は水を増やしましょう)。体の弱い方や高齢な方が家族にいる場合などは長めがおすすめ。じっくり時間をかけて焚くほど、食べやすくやわらかい玄米ごはんになります。

 

オーサワの玄米はこちら

クッキングスクール リマ